本屋ジプシー

けっきょく
どーしても読みたかった本、買いたかった本に出会えたのは
もうココ(この本屋で最後にしよう)しかないぞ
と、あきらめ気分で入った本屋だった

おおコレだ、コレ
しかしそれが
手にとってみると重たい
ずっしり・・

そんなわけで立ち読みを決行
と言うのも
わたしが知りたかった続編は
その中のほんの数十ページだったから

う。
この展開か。。。。
先の流れ、結末が薄っすら見えてしまった。

少々がっかり気分でもありながら

元の小説の主人公を思えば
だからあの時一緒に・・・・と
柔らかな気持ちにもなれた


世の中、捨てたもんじゃなかったんだぜ


それにしても赤木さん
あなたの女を見る目と言ったら
筋金入りのモンですね。
[PR]
by smiletiny | 2011-09-12 21:17 | ひとりごと
<< ロックバー 食べ過ぎた朝 >>